肝臓の病気と症状

肝臓は「沈黙の臓器」と言われているのをご存じでしょうか?肝臓は様々な成分の解毒や分解を行う臓器であるために、食生活によっては非常に負荷の集中しやすい臓器です。

 

ですが悪いことに、その異名通り中々自覚症状が現れにくいために気付かないうちに病気が進行しているということが多いものです。

 

肝臓の変調は普段から気にかけていないと気付けないものですから、わずかな肝臓の病変の「前兆」を知り、早いうちに病院で検査をしたり対処を行うことが重要です。

 

肝臓の最も重要な働きの一つに、アルコールの分解があります。酒飲みは肝臓の病気をしやすいと言うのは、アルコールの処理のため肝臓に過大な負担がかかるためです。

 

そのため、脂肪肝や肝硬変などの肝臓病を患うと、ごく初期では肝機能の若干の低下が見られます。酒飲みの方ならこれを「急にお酒に弱くなった」と感じることでしょう。

 

肝機能を低下を感じ始めた人必見!解毒作用サプリ

 

酔いやすくなったとか、今まで起こらなかったのに二日酔いをするようになった、あるいは今までよりも酷くなった、などです。

 

これらの症状が見られたときは、可能な限り病院に行くべきです。もちろん体全体の体調によっても酔いやすさや二日酔いは左右されますが、肝機能の衰えである可能性は決して低くありません。

 

それから肝臓病に極めて多く見られる症状と言えば、原因のない疲労感です。これは様々な形で自覚され、だるくて動きたくなくなるとか、気分がどんよりするとか、何をしてもすぐ疲れるなどと感じます。急に疲れやすくなったとなればもはや一刻の猶予もありませんので、すぐに病院を訪れてください。

 


このページの先頭へ戻る